交通機関 新幹線 宮城

【30分間無料】白石蔵王駅から徒歩1分!料金の安い穴場駐車場3選

投稿日:2017年3月31日 更新日:

 

このページでは白石蔵王駅の駐車場情報約3分でわかります。

  • 無料の駐車場
  • 白石蔵王駅付近の安い駐車場ベスト3
  • 各駐車場の料金や収容台数・営業時間
  • 駐車場周辺の地図
  • 駐車場~目的地へのルート・所要時間

白石蔵王駅周辺に無料の駐車場はある?

白石蔵王駅周辺には、30分間無料の駐車場があります。

第1位:白石蔵王駅東口駐車場

第1位の駐車場は、白石蔵王駅東口駐車場になります。

こちらの駐車場は、入庫後30分までは無料で停められます。少し停められる方にはとてもおすすめの駐車場です。

領収書発行:可、使用可能紙幣:千円札、クレジットカード:不可

目的地までのルートと距離:5m(目安徒歩1分)

白石蔵王駅東口駐車場から白石蔵王駅への詳細なルートを知りたい人は「拡大地図を表示/その他のオプション」をタップ

料金

入庫後30分未満無料、1時間迄¥100以降1時間毎¥50

最大料金

当日入庫後24時迄¥600

収容台数:56台

営業時間:24時間

住所:宮城県白石市旭町2丁目3

周辺の地図

白石蔵王駅東口駐車場周辺の詳細な地図を知りたい方は「拡大地図を表示/その他のオプション」をタップ

 

 

白石蔵王駅周辺の安い!駐車場ベスト3

白石蔵王駅は新幹線も開通しており、遠くに出かける時にとても便利です。

都心部に比べれば安いものの、長期間止めるときは、少しでも安いところを探す方がよいかと思います。そこで、白石蔵王駅周辺の安い駐車場を紹介します。

 

売る気はないけど、今乗ってる車の値段を知りたい

 

第2位:白石蔵王駅西口駐車場

第2位は、白石蔵王駅西口駐車場です。

こちらの駐車場も30分間無料で停められます。料金形態は1位の駐車場と同じなので、1位の駐車場が満車だったら停めてみてはいかがでしょうか。

領収書発行:可、使用可能紙幣:千円札、クレジットカード:不可

目的地までのルートと距離:400m(目安徒歩5分)

白石蔵王駅西口駐車場から白石蔵王駅への詳細なルートを知りたい人は「拡大地図を表示/その他のオプション」をタップ

料金

入庫後30分未満無料、1時間迄¥100以降1時間毎¥50

最大料金

当日入庫後24時迄¥600

収容台数:107台

営業時間:24時間

住所:宮城県白石市旭町1丁目2

周辺の地図

白石蔵王駅西口駐車場の詳細な地図を知りたい方は「拡大地図を表示/その他オプション」をタップ

 

 

第3位:システムパーク白石蔵王駅前

第3位は、システムパーク白石蔵王駅前です。

システムパーク白石蔵王駅前は、曜日や時間帯など関係なく終日60分100円で停められますので、日中に駐車される方には特に安く停められそうです。

領収書発行:可、使用可能紙幣:千円札、クレジットカード:不可

目的地までのルートと距離:550m(目安徒歩7分)

システムパーク白石蔵王駅前から白石蔵王駅への詳細なルートを知りたい人は「拡大地図を表示/その他のオプション」をタップ

料金

(全日)終日 100円 60分

最大料金

24時間 ¥400 (繰返し可)

収容台数:23台

営業時間:24時間

住所:宮城県白石市旭町1-5-11

周辺の地図

システムパーク白石蔵王駅前の詳細な地図を知りたい方は「拡大地図を表示/その他オプション」をタップ

 

 

白石蔵王駅のおすすめ

白石蔵王駅周辺は武豪屋敷通りがあり、かつての武豪屋敷を見ることができます。

その為、観光スポットとしても有名になっていて、幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。その他にも雪景色を見ながらゆっくり温泉を満喫できる遠刈田温泉や、パンジーがきれいに植えられた湖畔公園など、のどかな場所がたくさんあります。

白石蔵王駅にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

1分以内に車の査定額が分かる方法

 

 
車の買い替えを検討している人にパーク国王おすすめの方法を紹介します。
パーク国王
元ディーラーの人に車市場の裏側を色々聞きました。もしよければ参考にしてください。
車市場の裏側を知りたい
 

おすすめ関連記事

-交通機関, 新幹線, 宮城

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ここから駐車場を検索

パーク王国からの挨拶

管理人:パーク国王

私はこのサイト、パーク王国の管理人、パーク国王です。
この前、京都に旅行に行きました。「駐車場なんてどうにかなる」って思っていましたが、ついてから探してみると駐車場が見つからず、どこも満車で結局観光を断念することになりました。
駐車場なんてどうにでもなるってバカにしていた自分がおろかだった。。
そう思った私は駐車場サイト「パーク王国」を作りました。